FC2ブログ

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン速報

やたら管理人の趣味に偏った2chスレ紹介ブログです。

新ジャンル『SなM』

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 18:13:00.31 ID:npnCtEa1O
女「男君ちょっと・・・」

男「ん?なに?」

女「ちょっとつねって欲しいんだけど・・・。」

男「え・・・なんでまた・・・」

女「いいからつねりなさい!!!」

男「はいはい。・・・・こうか?(グッ」
女「もっと強くしなさいよ!!この貧弱!!」

男「じゃあ・・・このくらいか?(ギュゥゥ」

女「んっ・・・///くっ・・・・///」

男「なにしてんだろ俺・・・・」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 18:22:05.24 ID:npnCtEa1O
女「今日は平手打ちをして欲しいのだけれど。」

男「正気かお前?俺は女は殴れないよ。」

女「じゃあおしr(ry」

男「断る!!!」

女「じゃあ背中で手を打ってあげるわ。早く叩きなさい!!!!この臆病者!!!!」

男「言わせておけば・・・・とりゃっ!!!!!」

女「ひゃうっ!!!・・・・////んっ・・・////」

男「なんなんだコイツは・・・・」





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 18:22:13.82 ID:mej7++jRO
続きを!!!




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 18:28:20.51 ID:NZkr+WVw0
ちっちゃい子がこちょこちょして~って言って来て、すぐにやめてよ~とか言っちゃうのと一緒か




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/03(水) 18:32:29.22 ID:npnCtEa1O
女「男君、一緒に帰りましょう。」

男「おう。じゃあ自転車取ってくるから校門で待ってろ。」
数分後・・・

男「おーい。女~。(シャァァァ」

女「(まだ・・・・まだ・・・もう少し・・・今だっ!!!!)(バッ!!!!!」

キキィィィ!!!!ドガッ!!!!
男「おい!!!女っ!!!大丈夫か!?お前いきなり飛び出して来るとかなに考えて・・・・!」

女「んっ(ビクビク・・男君・・・・もう一回・・・・////」

男「一回死ね」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 21:42:17.14 ID:npnCtEa1O
文化祭

女「男君!!ステージに飛び入り参加者募集中ですって!!」

男「ほう。」

女「一緒に漫才しましょう?あなたお笑いには並々ならぬ情熱をお持ちだったわよね?」

男「うむ。良かろう。いっちょやったるでぇ!!」

女「じゃあ突っ込みよろしく。私ボケるから。」

しばらくして・・・


「ここで飛び入り参加のお笑いステージを開催します。ネタを披露してくれるのはこの二人です!!」
男と女「どうも~!!」

女「男君ちょっと聞いて~」

男「んん?どうしたのかな女ちゃん?」
女「この間アルファをベータしたらガンマがデルタでさ~。」

男「なるほど~ゼータがイプシロンなだけにね~ってやかましいわwwww」(ベシッ

女「んひゃんっ!!・・・(大勢に見られながら男君にどつかれてる・・・!!気持ちいいっ・・・!!ビクビクッ)」

男「はっ!!しまっ・・・誰か助けてくれ・・・・」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 21:48:43.58 ID:aTadH/DPO
女「さあ、叩きなさい。」

男「い、いやだよぉ…」

女「へえ、あんた、あの事ばらされてもいいんだ」

男「わかったよ、やるよぉ…」(ぺち

女「もっと強くなさい。これじゃ感じないわ」

男「うええ~~」(げす!
女「あん!」
男「やだよおおお」(ぼす!
女「ひん!」
男「僕こんなことしたくないのに……えっぐ……」(げすげす

女「い、いやいやながらやらせる虐待行為を受ける……これ以上の悦楽なんて、、、
、、、、あ~~鼻血が、、、あばば」
男「ひうっ!血まみれだよぉ~」


こうですね?わかります




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 21:51:54.73 ID:aOgZ6q4J0
男は気弱ショタのほうがいいかな




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 21:54:50.53 ID:aTadH/DPO
男「い、痛いよ女ちゃん!」

女「黙りなさい!さっさと私が中学時代に書いた恥ずかしいポエムを朗読するのよ!」

男「ひっぐ、、、『恋、それは刹那の光。切なく輝いてシャイニング』……あ゙あ゙あ゙あ゙、、恥ずかしいよぉ」

女「はやくっ、、、ふぅんっ、、読みなさい!」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 21:56:37.67 ID:aTadH/DPO
なんかS行為の代償としての罰や損害害を楽しむ感じか?




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 21:57:14.93 ID:npnCtEa1O
式典の練習

起立!!礼!!着席!!

ガタタン!!
A「いってぇ!!お前イス後ろに引くなよ!!最悪だよ~マジいてぇ・・・」
B「え・・・まさかそんなに痛いとは、正直すまんかった。」

男「あいつはまた幼稚な事を。」

女「でも、練習の息抜きにはちょうどいいんじゃないかしら。」

男「じゃあお前はあれやられても文句言わないんだな?最悪イスに後頭部強打するぞ?」

女「さあ?どうかしら。でもいい?絶っっっ対私のイス引かないでよ?絶対だからね!!!!」

男「わ~かったよ。ったく。」

女「(ドキドキドキドキ)」

起立!!
女「(来た~っ!!)」
礼!!着席!!
スッ

女「あれっ?ちょっと男君!!なんでイス引かないのよ!!空気読んでよ!!バカボンクラ!!(グスッ」

男「お前は何を言っているんだ。」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 22:11:41.17 ID:npnCtEa1O
体育

男「この歳になって男女混合ドッヂボールとはな。」

女「そんな事言って自信ないんでしょ?」

男「手加減するのが面倒くさいんだよ。」

女「自信たっぷりね。でも男君じゃ私を仕留められないわよ。」

男「なにぃ?わかった。やってやるよ。」

試合開始

男「・・・おい。」
女「・・・なによ。」

男「なぜ俺がボール持った途端に目の前で尻を突き出す?」
女「え?あ、えーっと・・・この距離でも避けきれる自信があるからよ。いいから早く投げなさいよ!!!トンチキが!!!」
男「(カチンッ)・・・・か~め~は~め~波ぁぁあ!!!!」

ビシィ!!!

女「あひゃぁぁあんっ!!!!(ドサッ、ビクンビクンッ)」

「せんせー!!女さんが!!」

先生「男・・・お前それは駄目だよ。」

男「・・・・・」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 22:35:37.00 ID:npnCtEa1O
男「お前昨日のプロレス見たか?すごかったよなぁ~。」

女「えぇ。でも、あれはいくら何でも大袈裟に痛がりすぎだと思うけど。」

男「お前な~あれ結構痛いんだぞ?四の字固め。」

女「どうだか。少なくとも男君にやられてもギブしない自信あるわよ。男君非力だし。」

男「なにおぅ・・・よぉし。とりゃっ!!(ドサッ」

女「キャッ!!ちょっと・・・いきなりなにすんのよ!!!!痛いじゃない!!!!」

男「うるせえ!!!食らえ!!!!必殺四の字固め!!!(ギシギシギシ」

女「ちょ・・・イタッ!!ひゃぁぁあん!!!」

男「どうだ。痛かろう?」

女「(気持ちいいっ!!・・・でも・・・痛いっ!!ダメっ・・・!!)」
女「痛いっ!!!ギブっ!!!!・・・・ギブっ!!!!!」

男「ふぅ・・・なかなかしぶとかったな。大丈夫か?」

女「はぁっ・・・はぁ・・・さぁ、次はなに?」

男「ん。まだやる気か。」

女「次は・・・ロメロスペシャルなんてどうかしr(ry」

男「お断りだ。」




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 22:51:55.46 ID:npnCtEa1O
女「男君!!じゃんけんしましょう!!負けたらしっぺだからね!!」

男「なんでそんな幼稚なことを。」

女「いいからさっさとやるわよ!!」

男「は~いはいはい。」

数分後・・・

男「10連敗だと・・・?お前すげぇな。」

女「え?えぇ、まぁ、ね。(なんでこんな時に10連勝してるの私!!)」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:02:44.70 ID:npnCtEa1O
女「男君!!肩パンって知ってる?」

男「あぁ、知ってるよ。」

女「なら話は早い。さっそくやりましょう。答えは聞いてないわ!!」

男「お前な・・・あれ地味に痛いんだぞ?」

女「いいから早くしてよ!!!!トロいわねぇ。」

男「ったく・・・・。」

数分後・・・

男「あ~もうダメだ。痛くて肩上がらないわ。」

女「(一回も負けてない・・・・グスン)」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:08:47.01 ID:HOsTb/4B0
真夏
女「あーつーいー」
男 ヒョイ
女「ひゃぅうっ!!?」
男(思ったとおりの反応だこれはww)
女「……、おーとーこぉー」
男(怒らせちゃったか?)
女「……、もう一回やりなさい」
男「はぁ?」
女「もう一回やりなさいと言ってるのッ!!」

数分後

女「ひゃううっ! も、もう一個ぉ……」
男「もう氷が……」
女「かってきなさい! そこにコンビニがあるでしょうっ!」
男「……自費でですか?」
女「自費っ!!」


くふふふふ、どこか懐かしいなコレ




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:12:33.24 ID:npnCtEa1O
女「男君!!ケツバットって知ってr(ry」
男「そんなものは知らん。やっても俺が連敗するに決まってるからやらんぞ。」
女「大丈夫よ。私今日の占い最下位だったし、男君は一位だったじゃない!!」

男「それはそうだけど・・・」

女「じゃあ決まりね。はい、バット。」
男「・・・金属バットじゃねぇか。俺を殺す気か。」

女「あなたは死なないわ。私が守るもの。」

男「は?」

女「な、何も言ってないわよ////!!!」




S難しい。




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/03(水) 23:15:04.04 ID:RMTZsyWKO
女友「女ー。弁当作って来たよー。」
女「ありがとー、ごめんね。昨日の晩急に頼んじゃって」
男「作らせたのか…?」
女友「夜中3時に起こされて6時に起きるはめになったけど、別に良いよ。さぁ、お食 女「ふんっ!」

ガシャーン

女友「!」
男「ちょっ!?女!お前何してんだよっ」
女(女友の戸惑った顔と男の私を責める視線………いいわぁ////)




こう?




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:16:36.75 ID:HOsTb/4B0
女「男ぉ、私の馬になりなさい」
男「何でいきなり」
女「問答無用」

男「っく……」
女「重い とか言ったら叩くからねっ」
男「ぐぐ……」
女「どうよっ! なんとか言ってみなさいよ!」
男「うぐぐ……」

女(こ! これは、新手の放置プレイねっ)ゾクゾク
男(きつい! しゃべれねぇ……)




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:20:08.87 ID:N1sAhLO/0
>>50なん…だと…




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:22:13.10 ID:oj+lHAZO0
>>50
男が貧弱なのか女が果てしなくピザなのかで俺の中で何かが終わる




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:22:51.78 ID:npnCtEa1O
女「DMCが流行ってるわね。」

男「そうだな~。あれ見たらバンドやりたくなっちゃったなぁ。」

女「へぇ。いいんじゃない?あなた歌には自信あるみたいだし。ただし、バンド組むなら私も入れなさい。」

男「え?お前楽器出来ないだろ?コーラスもいらないし。」

女「なら・・・仕方ないからDMCの資本主義の豚のポジションでいいわ。」

男「お前本当にそれでいいのか?」




55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:29:17.04 ID:HOsTb/4B0
四つん這いになって、ひざもつけず。
上に誰か乗ってみぃ、しかもそれが騒ぐわ、暴れるわ……。

女「おとこぉー! 剣道やろーっ」
男「まてぃ! なんで竹刀が一本しかないッ!? っつーか、面は、防具は!?」
女「固いこと気にすんな、男だろ」
男「いやいやいやいや!!」

数分後

男「おりゃッ!」
女「あっ……」
男「へへ~、竹刀を奪い取ってやったぜ! さぁ、観念しなッ!!」
女「くふふふふ」ニヤニヤゾクゾク
男「……、何故逃げない」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/03(水) 23:35:55.31 ID:RMTZsyWKO
河馬男「あ、餡犯男だ!」
餡犯男「やぁ河馬男くん。私の頭をお食べ。」
河馬男「うん!お腹いっぱいだけどいただきまーす!(モグモグ」
餡犯男「さぁ、もっとお食べ。」
河馬男「もう食べれないよ。」
餡犯男「いいから私の頭をお食べ。」
河馬男「だからもう食べれな…フガフグ…ンガ…」
餡犯男「さぁもっともっとお食べ。新しい顔はいくらでもあるからね。」




58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:36:41.57 ID:npnCtEa1O
カラオケ

男友「じゃあ次は女ちゃんの番ね!」

女「わかったわ。じゃあこれを・・・(ピッ」

テーレーテーレーテレッテー♪
テーレーテーレーテレッテー♪

男「ドクロちゃんじゃねぇか。あいつこんなの歌うのか。」

女「~踏んで縛って叩いって~♪蹴って焦らして吊しって~♪で~もそ~れぇってボクの愛なの~」
女友「ねぇ・・・ずっと上目遣いで男君の方見てるんだけど・・・」

男「何も見えん!何も聞こえん!」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:43:35.53 ID:HOsTb/4B0
>>57 クソフイタwwwwwww

女「んーっ やっと放課後かぁ~」
男「すぅ……すぅ……」
女「こいつ、ずっと授業中も間抜け面で眠りこけていたのか……」
男「すぅ……すぅ……」
女「くふふふふ」ニヤ




男「……ッ! もう、こんな時間かよ!!」
男「急いで帰らないと」

男「何故街行く人々は、俺をみて笑うのだろう」
男「って、うん!?」

ガラスに半分映った自分をみる、男

男「なんじゃこりゃああああああああああッ!?」
男顔『私男は、女を心のそこより愛しております』
男「誰がこんな落書きをッ!? っつーか、誰が得するんだこれぇッ!?」

女「くふふふふ……、男は辱めをうけ、私はあの顔のラクガキによって同時に辱めを受けるッ SとMを同時に行えるッ!!)ニヤニヤゾクゾク

そして、もう寝る。




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:47:41.50 ID:npnCtEa1O
男「脱出イリュージョンてすげぇよな。」

女「そう?コツが分かれば縄抜けくらいなら簡単に出来るわよ。」

男「・・・試してみるか?」

女「望むところね。いくらでも縛りなさい。」

男「(ギュッギュッ)ん~、こんなもんかな?どうだ?女。」

女「んっ・・・///まだまだ緩いわ・・・・もっとキツく縛れないの!?不器用ねぇ!!」

男「このくらいか?お前大丈夫か?これ(ギチギチッ」

女「あっ・・・///男君・・・目隠しと猿ぐつわもs(ry」

男「主旨が変わるわ。」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:52:52.40 ID:npnCtEa1O
やっぱ俺の技量じゃ難しかったようだな。

人も居ないみたいだし寝るわ。




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/03(水) 23:53:39.10 ID:eBICKwMWO
>>61
駄目だと言っておこう




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 00:07:26.51 ID:3eOg6YU+O
>>62
くっ、この鬼畜!!
もっと言いなさいよ!!

でも明日仕事だからもう一回投下したら寝る。すまんな。




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/04(木) 00:16:23.87 ID:1cOecxLYO
>>59 おやすみ

餡犯男「でたな売菌男!私の顔を食べるんだ。」
売菌男「でたな餡犯男!お前なんかこうしてやる!」
バシャアアアアアン
売菌男「ハヒフヘホー!どうだ!これで力がでまい!」
餡犯男「ぁぁ…力が入らない…そうか。顔が濡れて抵抗する事も出来なくなるくらい力が出なくなった私を食べたかったのか。さぁ、私の顔を食べるんだ。」
売菌男「な、何を言ってるんだ!えぇい、いけー!黴るんるん!!」
餡犯男「あぁ!!カビに犯されて力がでない…そんなに茶色がイヤだったのかい?
でも安心おし。全身くまなく犯されたせいで茶色の部分なんて残ってないよ。さぁ、私の顔をお食べ。」
売菌男「トドメだ!餡犯男!!」
餡犯男「やっと食べてくれるのかい?じゃあそんな所から出てきて私の顔をお食べよ。」バリーン
売菌男「ギャー!まだそんな力があったのか餡犯男!や、やめろ!口にそんな汚いものをねじ込もうとするな!や、やめ……アッー!」

土菌女「あの二人の絡みはいつみてもいいわぁ…グフフ」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 00:22:18.22 ID:3eOg6YU+O
女「ここが男君の家・・・まぁまぁ立派な家じゃないの。」
男「まぁ上がってくつろいでてくれよ。俺は二階で着替えてくるから。」

数分後

男「着替え終わりっと。さて、女におやつでも出してやるかぁ。(ドタドタドタ」

ムギュ

女「あはぁっ・・・・!!!!////」

男「!!・・・女っ!?お前なんで階段の一番下に寝そべってる!!」

女「え?コ、コンタクト落としちゃったから探してたのよ!!文句ある?」

男「お前視力両方2.0だろ。って言うかなんでそこでコンタクト落とすんだよ。人ん家勝手にウロウロすんなよ。」

女「うるっさいわね!!別に踏まれたくてここに居たわけじゃないんだからいいでしょ!!!」

男「・・・・・・」




78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 01:38:59.54 ID:7PmQrH4+O
女「ねえねえこっち見なさいよ」

男「なんだよ………って輪ゴムこっち向けんな!」

女「んふふ~。撃つぞ~撃っちゃうぞ~♪」

男「や、やめろっておい!ちょっまっ!」

女「もっと伸ばしてみようかww」
(ああっ、怯える男………)

バチン

男「あ、ゴム切れた」

女「あふっ!////」





俺はもう駄目だ




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 01:42:47.58 ID:ByH2K5vmO
俺「このバカ!ガッシ、ボカ!」
女「痛いじゃない!ガッシ、ボッカ!」
俺「よしよし。それでいい。もっと来い。」
女「!?」
俺「もっと来いと言っているのがわからんのか?」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 02:12:37.21 ID:JK69GUTX0
チャーハン
  作るよ!!
   ∧,,∧
  (;`・ω・)  。・゚・⌒)
  /   o━ヽニニフ))
  しー-J



        アッ! 。・゚・
  ∧,,∧ て     。・゚・。・゚・
 (; ´゚ω゚)て   //
 /   o━ヽニニフ
 しー-J    彡




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 02:12:46.53 ID:JK69GUTX0
        ・ ゚ ・ :。 ・
         ゚・。 ・゚ ・
          //
  ∧,,∧
 (    )
 /   oニフ
 しー-J



     。    ・  ☆          ゚   .
 , .                 。
 .  .     . ,     。       .           .
   ☆   。            。     ゚   .    。
 , .        . 。   。       ,       .☆
   。   ・      。  。 ・   .   ・
         ・ ゚ ・ :。 ・
          ・ ゚
  ∧,,∧
 (    ) ジーン
 /   oニフ
 しー-J




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/04(木) 02:26:27.71 ID:8X4ER8a3O
80と81にちょっと感動した




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 02:32:10.34 ID:+6nGMnFI0
このスレは終わらしてはならない。

女「ねぇ…、私がこうやって裸になって四つんばいになってるんだから早くそこの鞭で叩きなさいよ!!!」

男「そんなことしたら女さんけがしちゃうよ。もう止めようよこんなこと…、危ないよ;;」

女「叩くの嫌だったらこのまま私に首輪付けてお外に連れてきなさい!!今真夜中だから誰にも見られないわよ。」

男「だめだよ、こんな真夜中に裸で外出たら女さん風邪ひいちゃうし、もしだれかに見つかったらその人にも迷惑だよ。」

女「じゃあ、何のために私の家来たのよ!!私の言うことしないなら、あんたのお母さんに裸にされてSMプレイ強要されたって言ってやるからね!!!」

男「ちょ・・・やめてよ;;僕まだなんにもしてないし、だいたい寂しいから来てってメールで送ってきたのは女さんの方じゃないか!!」

女「うるさいわね!!このまま裸であんたの家まで泣きついてやってもいいのよ!!」

男「ごめん、わかったよ;;お願いだから親は巻き込まないで;;」




84 名前:83[]:2008/09/04(木) 02:33:56.68 ID:+6nGMnFI0

女「じゃあ思いっきりその鞭で私の背中を叩きなさい・・・。」

男「うぅ・・・(パチッ」

女「もっと強く!!」

男「ふぐぅ!!!(ピシッ!!」

女「はぁんっ・・・・////」

男「女さん・・(ピシッ!! ごめんねっ・・・(パシッ!! 痛くない・・・?(ピシャッ!!」

女「はぎぃ・・・!!///痛いいぃぃッッ///もっとおぉぉぉ!!////」

男「ごめんねっ・・(ピシッ!! ごめんねっ・・(パシッ!! けがしてたら・・(ピシッ!! あとで・・(パシッ!! 消毒して・・(ピシッ!! あげるからね・・・(ピシャッ!!」

女「あふぅっ・・・・!!///もっとぉ・・・////もっとおおぉぉぉぉぉっっ!!!/////」



こんなんどおぉ?




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 02:36:43.36 ID:7PmQrH4+O
>>84
男がやりすぎるパターンか
アリだな




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 07:04:40.22 ID:YHV8PcdHO
まだあったのか……。

>>78 大好物です(゚p゚)



女「いいこと、男。私の髪の毛をとかしなさい」
男「何で俺が」
女「いいかしら、女性が髪を預けるのは、信頼した男性だけよっ」
男「知らんがな」
女「いいからっ、さっさとやるっ」

女「んっ」
男「あ、ごめん。痛かった?」
女「……、ヘタクソ」
男「るせッ、髪とかしなんてやらねえっつの……」
女「んんっ!」
男「あー、すみませんね」
女「もっとやりなさい」
男「はい?」




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 07:35:39.77 ID:KnY3zZOOO
>>101
凄くイイ




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/04(木) 08:07:24.21 ID:1cOecxLYO
男「散歩行くぞー」
犬「やった散歩だ!散歩なんだね!!早くっ!早く僕の首を縛って!」ハッハッハッ
男「こらこら。ちょっと落ち着けよwリードつけれないだろ」
犬「さっさと僕の首を縛れよご主人!」ワンワン
男「分かった分かった。ほら、リードつけたから行くぞ」
犬「やった!行くぞご主人!」ガフガフガフ
男「おいおい、そんなに引っ張るなよおw」
犬「あぁ!鈍いご主人のせいで僕の首がすごく締め付けられてる!!たまらない!たまらないよお!!」




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 09:48:34.80 ID:yAjV0fjR0
女「ちょっと男」
男「ん?何」
女「背中踏んでちょうだい」
男「はぁ、やだよ」
女「うるさいわねっ!つべこべ言わず踏みなさいよ!」
男「わかったよっ!ちょっと待ってろ・・・」
 グイ
女「・・・あぁんっ!」
男「ちょ・・・ お前・・ 変な声出すな!」
女「うるさいわね! いいから続けな・・・ っあ!!」
男「・・・・・・」
女「あぁん! いいわぁ!! もっと踏ん・・ あれ?なんで止めるのよ」
男「お前・・ ちょっとキモい・・」
女「なっ! 私を踏めるっていうのは光栄なことなんだからね!」
男「・・・」
女「ねえちょっと、続き!! 続きやってよ!! ねえぇぇ! もぅ男のケチィ!」




こうですか、わかりません




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 11:30:14.81 ID:7bsrL1cG0
女「ちょっと私と握手して」
男「へ?急に何言ってんだ?」
女「いいから早くするの!!」
男「お、おう…」
女「ふふふ…」
男「な、なんだおれ!?手が…くっついてる!!」
女「うふふふ…これでしばらくは男と私はずっと離れられないわ!!」
女「きっと周りの人は私たちが恋人同士に見えるでしょうね!」
男「それはそれで…悪くないけど…////」
女「こんな男と恋人に見られるなんて素晴らしい辱めだわ////」
女「こんなダメ男と付き合って女ちゃん趣味悪いとか思われるのよきっと!」
女「…はあああああ…気持ちいい」
男「俺、ボロクソ言われてね?」




115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 11:32:41.03 ID:sCtm5Yv80
精神的にSで、体はM?
その逆・・・?




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/04(木) 11:36:50.45 ID:/rMzLzay0
SなMというより強気なMだな




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 11:44:39.90 ID:sCtm5Yv80
(男の家で、バラエティーの罰ゲームを見ながら)

女「ねぇ、ちょっと!あれ、やって・・・」
男「は?足裏マッサージ・・・?でも俺知らないよ?」
女「いいからやるの!」
男「のわ!お前、人の顔、足で踏むとか、どんな躾うけ、うぐ!」
女「い、い、か、ら、は、や、く、し、ろ!」
男「わ、わかったよ・・・」

~数分後~

女「あっ!あああぁぁっ!やぁ!痛い!いたきもちいいぃぃ!!はひぃぃ!?」
男「どこで、ナニを間違ったんだろ・・・(ぐいぐい)」
女「やっ!だめっ!////そこ痛すぎぃぃ~////」
男「ここは頭、病んでるとこだって・・・(ぐいぐい)」



わけもわからず書いてみた。ちょっと微妙だな・・・




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 12:17:28.19 ID:WkmMdC5vO
女「ほら!なにやってんの!さっさと襲う!」

男「うぇ、、で、でもお…」

女「でもじゃない。あんたは強姦魔の汚名をきて、私は心身ともに汚される。ああっ!い、いまから考えただけで、、ふぁっ」

男「でもでも僕っ―――――や、ヤリ方わかんないよぉ!」

女「……………」

男「うえええ、、こ、こんな事言いたくなかったのにいぃ、、」




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 13:06:56.98 ID:YHV8PcdHO
>>121
携帯からだけど、くふふふふの人です。

知りませんねぇ、マゾサイエンティストなんて



男「あーつかれた」
女「足組まないでよ」

ムギッ

男「組んだ足を踏むなッ」
女「邪魔なんだもん」
男「っつーか、見えてr」
女「みせてんのよ」

男「しかも、俺だけじゃなくてみんなに」
女「くふふふふ」ゾクゾク




125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 13:18:52.33 ID:sCtm5Yv80
男「林間学校と言えば、カレーだよね」
女「ベタよね。私はクリームシチューが食べたい」
友「シチューじゃ、飯にかけて食えないよ・・・」

男「じゃあ、材料切っといて、俺薪もらってくるから」
友「な、なんで俺に言うんだよ?こういうのは女子の分担・・・」
男「あいつに包丁持たせて、何も起こらないって保証がお前にできるか?」
友「う・・・く、苦しい・・・襟から手を・・・」

女「うふ・・・うふふ・・・(うっとり)」
男「お、女!おまっなにやって!?」
友「鶏肉切りながらうっとりしてやがる・・・」

女「ねえ、男君・・・これでわt」
男「全力で断る!!」



ほら・・・引いちゃった・・・
精神Mで書いてみようかな・・・




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/04(木) 15:02:40.64 ID:H3cugN3V0
女「疲れた、男君肩たたいてちょうだい」
男「いいぜ」
トントン
女「もっと強く!」
男「こうか?」
トントントントン
女「だめね足でやりなさい」
男「足?それは痛いだろ」
女「いいから」
男「やれやれどうだ気持ちいいか?」
女「(男君に足で踏まれてる)気持ちいいわ」
男「そうか、ならよかった」



難しいね




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2008/09/04(木) 18:31:39.41 ID:gMf9wn+WO
一本だけ投下してみよう

男「おーっす」
女「おはよう……あら、制服のボタン取れてるわよ?」
男「マジか、気づかなかった」
女「つけてあげるから、上着脱ぎなさいよ」
男「おお、悪いな…」
女「ふふ、校内で半裸なんて恥ずかしくないの?」
男「は?いや別に……」
女「あんたみたいな男には、服なんてもったいないものねぇ」
男「分かった、分かったから早くボタンつけてくれ。寒くて仕方ねえ」
女「せっかちね…いいわ、やってあげる」

~数分後~

女「痛っ…ああっ……痛っ…あふ……ん……」
男「お前わざと針指に刺してるだろ」


こんな感じか?なんか違うような




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 18:35:38.16 ID:wo/YS9pq0
女「ちょっと肩を揉みなさいよ」

男「ちょっと胸があるからって生意気…」

女「セクハラするなんて良い度胸ね!マッサージさせてあげるんだからさっさとする!」

男「へいへい…確か親指を…強めに…」

女「…っ、そこ…いぃ…もっと…おぉ…」

クラスメイトA「ちょっとトイレ」

B「連れションだ!」

ダダダダダダ



SMから外れたが書いたスマソ




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 18:48:45.87 ID:YHV8PcdHO
>>136
べ! 別にマゾサイエンティストなんか書いてないんだからッ! 勘違いしないでよねっ

ありがとう///



女「あーしーいーたーいー」
男「なんだよいきなり」
女「あーるーけーなーいー」
男「なんだよっ」
女「だっこーっ」
男「子供か貴様は」

男「なんでお姫様だっこ?」
女「男は黙って女のいうことをきくっ」
男「へーへ」

女「ふぅうっ、落ちる!!」
男「お前が暴れるかr」
女「この貧弱ッ貧弱ゥッ!」

ずるっ

女「いたたたた」
男「ごめん! 大丈夫?」
女「くふっ、大丈夫なわけ、くふふっ! ないじゃない」ニヤニヤゾクゾク
男「頭が大丈夫か」




152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 20:28:46.70 ID:aQ39gf2ZO
女「バーカ!男!」

男「?」

女「バカバカバカ!!」

男「なんだよ?気味悪いな」

女「バカ!(反論しなさいよっ!私の数倍…ドキドキ)




153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 20:40:02.43 ID:7bsrL1cG0
女「確かあんたんとこってたけふみあったわよね?」
男「あるけど?」
女「じゃあ帰りあんたんとこ寄るわ」
男「強引だな…まあいいけど」
放課後
男「はいこれ」
女「…ゴクリ」
女「ん…あぁぁ…いや////」
男「な…( ゚д゚)」
女「うぅぅ…足の裏…気持ちいいよぉ////」
男「変な声だすなよ////」
女「うっさい!!」
女「気持ちいいんだからしょうがないでしょ!!」




155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 20:55:55.25 ID:+J44lpPw0
女「ほーらここが言いのかしら!……ぅあん!」
女「こんなに硬くなってるじゃない!いやらしい!……んんっ」
女「足で踏まれるのがそんなに気持ちいいのかしら!……や、ううんっ」
女「じゃ、じゃあもっと踏んであげるわ!このド変態!……ああ、ひゃうう!」

男「人ん家の足ツボマッサージャーで何をしている」


こうですかわかりません




158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 21:28:39.80 ID:ypMQ9MTxO
女「私に鞭で叩かれるのと私を鞭で叩くのとどっちが良い?」

男「……どっちもイy女「どっちがいいの?」

男「………」





ビシッビシッ

女「ンッ…アッ…クゥゥゥ…」




159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 21:42:55.86 ID:wo/YS9pq0
女「…グスッ…もっとよ!」

男「まだ…かよ!」グチャ、ヌチャ

女「まだ…終わってあげないんだからっ…グス…」

男「いつまでヤりゃ気が済むんだ…いい加減疲れたぞ…」パンッ!スパン!


女「染みる…!」

男「何で玉葱ばっか刻むんだよ、ハンバーグどんだけ作る気だ?」


オチが微妙でスマソ




160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 21:44:54.05 ID:8XurwcqK0
女「明日の10時に駅前集合!!これは命令よ!!」

翌日

女「朝の6時から駅前で放置プレイ……ハァハァ」




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 22:11:04.47 ID:e1TQenB70
女「男君、この前落としてったでしょ、この紙袋」
男「!!お、女!こ、これ・・・ま、まさか、中身・・・」
女「あ、うん・・・みちゃった・・・えへへ・・・えっちー////」

男oO(まいったなぁ・・・まさか、女にこの中身見られるなn)
男「のわあぁぁ!!?」

(袋の中には、『完全人格否定~壊す~ 真性Mへの道 』のDVD)

女「ああぁっ・・・私の秘蔵コレクション・・・ばれちゃった////」

男「お、女ぁー!!
女「ひゃん!(ビクビクビク)」
男「俺のは?ねぇ!?返してくれぇぇ!」
女oO(ああ・・・男君の、そのみっともなく縋って、泣きそうな顔、さいっこう・・・)(ぶるぶるぶるっ)

男「俺のほし○みゆをかえしてくれぇぇ・・・」
女「それ見て、いつか・・・わ、私を////」

男「うわああぁぁぁぁぁん!女なんか嫌いだああぁぁぁ!」
女「っ!!」(ビクブルほわわん・・・)
女「男君に、嫌われちゃった・・・////」




なんか、書いてて、よくわかんなくなった・・・




165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 22:12:31.75 ID:mq36LlY+0
くふふ、携帯より移行。



男「二人飛びィ!?」
女「そう、懐かしいでしょ」
男「あの、一人が縄を大きくまわして、一緒に縄を飛ぶあれか」
女「さ、縄をもって!」

男「いくぞー」
女「うん」

ビシィッ!

男「うぇ!? あ、ごめん!」
女「……へたくそ」
男「わりぃわりぃ、もっかい……」

ビシィ!

女「きゃうう……」
男「自分から今飛び込んだよな」
女「くふふふふ」ニヤニヤゾクゾク




170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 22:31:21.80 ID:wo/YS9pq0
司会「vip高校○年△組男君と女さんの二人羽織です!」パチパチ

女「男君サクッと掴んじゃって、あ、それ美味しそう!ばか!大根好きじゃない!」
男(だったらおでんなんて最初から用意するなよ…)
女「だから…嫌だって…熱いのが入ってくるよぉ…!お出汁が…口の中で…火傷しちゃ…ぁぁ!」



こんな感じ?




174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 22:44:17.77 ID:mq36LlY+0
女「あれなんていうんだっけ……」
男「なんだ」
女「ほら、あの手のひらを机に広げて、シャーペンとかで指と指の間を刺すやつ」
男「ああ、一時はやったなあれ」
女「……得意?」
男「まぁ、ある程度の速さでなら……」

男「なぁ、これって本来自分の手でやるんじゃねーの?」
女「問答無用、さぁやりなさい」
男「刺してもしらねーぞ……」

カッカッカッカッカッカッ!! ドスッ!!
女「ひゅうぅんっ!!」
男「あー、ごめん」
女「だったら、もう一回最初っから」
男「えー!?」

カッ カッ カッ

女「遅い遅い遅いゾォ―ッ!」

ドス

女「あんっ!!」
女「くふっ! くふふふふ! もう一回……っ! 成功するまで何度でもッ!!」
男(こっちの拷問だよ……)


175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 22:50:41.78 ID:+J44lpPw0
>>9やってみた

男「こらーおんなー!かんねんしろー!」
女「きゃーあははつかまっちゃったー!」
男「おしおきしてやるー!」
女「きゃーやーめーてー(おしおき……ドキドキ)」
男「でんきあんまだーっ」
女「あわわわわやーめーでーよーうー」
男「それそれー!」
女「もっと」
男「……え?」
女「もっとつよく!」
男「え、おんなちゃん……?」
女「はやく!つよくしなさいっていったの!」
男「は、はいい!」


……あれ、何かおかしいぞ




176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 22:51:34.42 ID:WQFN2Vin0
>>9みたいな雰囲気を目指してみた。

幼女「さいしょはぐー!」
幼男「じゃんけん!」
幼女・男「ぽん!」

幼男「かっちー!ほら、腕出せよ!」
幼女「え、や、やだよー・・・」
幼男「じゃあ、しっぺ2倍だぞー?」
幼女「え!?(びくっ)・・・じゃ、じゃあ・・・はい・・・」
幼男「よし・・・じゃ、いくぞー?はぁー・・・うりゃ!」
べち!
幼女「やんっ・・・(びくびくっ)・・・あ、あれ・・・?」
幼男「・・・?どうした女?」
幼女「え?あ、あははっ・・・あんまり痛く無かったよ?気持ちよかったかも~////」
幼男「なにおー!?じゃあ、もーいっぱつぅ!」
べちん!
幼女「あひん!・・・・・・え、えへっ・・・きもちーよぉ?」
幼男「おまえ・・・なに強がってんだよー?むー、うりゃあぁ!」
ばちぃ!
幼女「きゃふっ////」
幼男「うわ!なに漏らしてんだよ!きったねーなぁ」




184 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 23:05:57.67 ID:mq36LlY+0
幼女に幼男ねぇ……。

幼女「おえかきしよーっ」
幼男「でも、かみがないよ」
幼女「あるじゃない、あそこ」
幼男「どこ?」
幼女「かべ、カレンダーだよ」
幼男「あ、ほんとーだ。じゃあとってくるね」

幼女「じゃあ、こっちにちょうだい」
幼男「あぶないよ? おててきっちゃうよ?」
幼女「だいじょーぶ、だいじょーb」
幼男「どうしたの」
幼女「やっちゃった」
幼男「だ! だいじょうぶ!?」
幼女「ぜんぜんへいきだってー」
幼男「って、なんでまたきっちゃってるの!? おてて!!」
幼女「なんだろうね、とまらないのーっ」ニヤニヤゾクゾク


あるぇー?




185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 23:09:58.28 ID:WQFN2Vin0
幼女「ねーねー、男君ー」
幼男「なに?」
幼女「くすぐってー、こちょこちょーって。あたし我慢するから!」

幼男「くすぐればいいの?」
幼女「うん!くすぐってー。男なんかにくすぐられても、なんともないからー」
幼男「いったなー!てりゃぁ!こちょこちょこちょー」
幼女「うひゃん!あん!やっ、く・・・っ・・・ぅくふふふ・・・」
幼男「ほらほらー、笑ってるじゃん」
幼女「わ、笑って無いもん・・・き、きもちーだけ・・・ぅふ・・・あはぁ・・・やぁん」
幼男「!?(びくっ)ど、どうしたの?女?」
幼女「ほ、本当に・・・きもちーだけだもん・・・////(うるうるうる)」
幼男「・・・・・・(ひきっ)」
幼女「も、もっとしても・・・いいよ?(ズイッ)」

幼男「お、女!?こ、こっちくんな!ひぃ!」
幼女「お、男くぅ~ん・・・もっと・・・もっと・・・はぁ、はぁ・・・」

がバッ!!!
男「ひぅ!!?い、今の夢は・・・子、子供の頃の・・・・・・」(滝汗)




186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 23:11:23.13 ID:wo/YS9pq0
女「足が痛いの!」脚ぶら~ん

男「…で?」

女「マッサージしないよ、そのくらいしかわたしの役にたたないでしょ!」

男「さっき肩揉んだろ…またかよ」

女「あ、このツボ押し棒使いなさいよね」ドキドキ

男「…痛くね?コレ」ぎゅぅぅぅ

女「っくぅぅ…効く…きィクぅぅ!もっと…そこ…ソコいぃ………」パタリ

男「もしも~し」




191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/04(木) 23:21:38.88 ID:WQFN2Vin0
>>188
うむ、なんか褒められてる気がしない、不思議っ!


女「いったああぁぁぁ!な、何か踏んだ!?」
男「あ、ごめん画鋲落ちてるから、気をつけろって・・・言うの忘れてた」
女「そういう、大事な事は、前もって言いなさいよ!」
男「いや、ご、ごめん」
女「もー・・・で?」
男「あん?」
女「ま、マキビシとかは落ちてないの?////」
男「・・・・・・」
女「華道の剣山でも許してあげ」
男「戻ってこい!」
ばし!
女「あひんっ////」
男「・・・・・・」
女「ぶつなら、頭じゃなくって・・・コッチ////」
男「尻を向けるな!スカートまくるな!!」




203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 01:06:44.32 ID:xCc/HTJM0
男「秋だなー」
女「都会でも結構紅葉ってみえるのねー」

バシッ!

男「いってぇー!」
女「子供のときよくやらなかった? も み じ」
男「やったけどよー……」
女「ハンムラビ法典、目には目を。よ。さぁ」
男「……何故に背中を向ける」
女「一万借りたら、百万返すのよッ! さぁ!!」
男「だが断るッ!!」


デジャヴ? 寝る。




205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 01:23:53.66 ID:YGHjvoqM0
>>204
ちょっと違うけど投下

女「あ、チョコアイスが…」
男「溶けたね…結構な量が…」
女「ちょっと…汚れたからお舐めなさい!」
男「…まぁ…勿体ないか…」ちゅる…じゅっぱ…はむ
女「…んぅっ、あ…甘噛みされて…はぁぁぅっ!」



こんな感じかな




207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 01:52:44.68 ID:y7WgzHv+O
女「はあはあ」
男「なにを興奮してるんだおまえは」
女「なにようるさいわねっ!呼吸してただけじゃないっ!この犬っ!」
男「…」
女(あっ男がわたしのこと変な目で見てる…はあはあこの視姦されてる感じがたまらないわ…はあはあ)




208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 02:00:41.43 ID:y7WgzHv+O
男「おい起きろ女授業中だぞ」
女「ぐー」
男「シャーペンでつついておこそ…」
女「…ん?」
ぐさっ
男「あ」
女「いたあああい!なにすんのよバカ野郎!」
男「悪い。急に起きるから」
女「は?そうじゃなくてもっとやってってこと」
男「…」
女「し、視姦しないでっ!」ゾクゾク
男「変態」
女「も、もっといってぇぇ」ゾクゾク




211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 04:31:18.25 ID:CQd/xBJy0
男「ねぇ…や、やめようよぉ」
女「何言ってるの?社会のゴミの分際でっ…ちゅ……ぺろっ…ハァハァ…はむ…」
男「や、やめて」
女「ねぇ…ハァハァ…見なさいよっ…ねぇっ……なにこの白豚みたいな足っ…くっさぁいっ…んっ…」
男「だ、だって、今日体育で」
女「ちゅ…汚い…臭いし…ハァ…れろっ…ちゃんとお風呂に入ってるかしら?…ちゅっ…」
男「…は、入ってるよぉ」
女「…この私に、こんな汚い足舐めさせて……ハァハァ…爪の間にも…こんなに…ちゅるっ…」
男「…す、吸わないでよぅ…女さんがムリヤリっ」
女「……ふふっ…なんていいながら、感じてるんでしょ?…ハァハァ…
 …パンツから、腐ったイカみたいなチンポはみださせて、先走り垂らしてるんでしょ?…ハァハァ」
男「い、言わないでぇっ」
女「…ハァハァ…足舐められて、感じるなんて…ハァ…変態じゃないのっ?…この変態っ……ハァハァ…」
男「…うぅ」


あれー…ただの変態だー…




213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 06:06:46.03 ID:SJEgZ0+VO
男の部屋にて
ガチャ


女「なに?男くん」

男「女ちゃん誕生日おめでとう」

女「…(ロウソクだわ…)」

男「あっいやその…両親とも仕事で居ないって言ってたから、変わりにと…思って。迷惑だったかな…ははっ」

女「ふん…まあ男にしてはなかなかの気配りじゃない。良くやったわ。火くらい消してあげるわよ。(ああ///早く消させてっ)」

男「う、うん!お誕生日おめでとう!」

女「ありがとう。じゃあ消すわよ?」

ジュウウウウゥゥゥ

男「うわあああ!!ちょっと女ちゃん何で手で消してるの!?」



こうですか?わかりません




214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 06:12:44.08 ID:hkqii5A80
SなMって自虐的なのかな?
(自分を)叩く快感と、(自分が)叩かれる快感を同時に味わえる




221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 11:05:37.00 ID:KgkbresxO
女「男っ、私の足を舐めなさい!」

男「なっ、やだよ!そんな変態みたいな事。」

女「へ、ん、た、い?」ゾクゾク

女「、、、、もっと言って、///」


こうですか?
わかりません




224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 12:43:40.90 ID:ucxgx+D3O
強気なマゾだろ




225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 13:10:53.06 ID:lQ+dt8GM0
難しいな




218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2008/09/05(金) 09:43:09.45 ID:kVL7xsNo0
みんなが、女のSの扱いに、苦慮するスレはここですね。




スポンサーサイト



[ 2010/02/13 17:11 ] VIP創作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿




トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カウンター
ブーン速報記事ランキング
PR