FC2ブログ

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン速報

やたら管理人の趣味に偏った2chスレ紹介ブログです。

新ジャンル「エアツンデレ」

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:23:53.41 ID:U3Vskq2t0
男「しまったぁ……。弁当忘れた……」
エアツンデレ「               」
男「……え、でも」
エアツンデレ「                  」
男「……本当にいいのか? 悪いな、サンキュ」
エアツンデレ「          」
男「……うん、うまい。なんか意外だな、お前が料理うまいなんて」
エアツンデレ「        」
男「イテテ、つねるのはやめろって! いたいって!」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:27:37.53 ID:U3Vskq2t0
男「女ちゃんて彼氏いるのかな?」
エアツンデレ「              」
男「……ばっ、そんなんじゃねーよ! 別に……ちょっと可愛いなって思っただけ」
エアツンデレ「       」
男「……だろ!? ん、気立てもいいし、スタイルもいいし、ああいうのを完璧超人っていうんだろうなぁ」
エアツンデレ「           」
男「……っておい、どこいくんだよおいっ」




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:30:56.87 ID:pug/vkQn0
男がツンデレの件





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:34:18.82 ID:U3Vskq2t0
男「おい、いい加減帰れよ」
エアツンデレ「                  」
男「……いや、窓から出入りされんのは怖ぇーんだよ。もしなんかあったら俺の責任だし」
エアツンデレ「                」
男「……だったらこの漫画持ってっていいから! とりあえず俺の寝床を空けろ!」
エアツンデレ「      」
男「……痛っ! てめっ!」
エアツンデレ「         」
男「……てめえは女じゃねえ! 痛い、痛っ!」
エアツンデレ「                   」
男「……え? いや、大丈夫だよ、ジョーダンだよジョーダン。……そんなマジになんなよ」
エアツンデレ「               」
男「ちょ、泣かなくても……。悪い、悪かったって。ごめん、謝る。俺が悪かった(ぎゅ)」
エアツンデレ「   」
男「痛っ! せっかく人が慰めてやってんのに! 大体お前、」


オカン「こら、何時だと思ってんの!早く寝なさい!」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:37:38.65 ID:aeZU5SM+O
幽霊みたいだがwktk




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:38:24.79 ID:D871YnG5O
つまり妄想じゃね?




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:39:42.18 ID:xwQ2Wfw90
これなんて俺の日常?




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:40:39.99 ID:DswzW8Fs0
【現実】

男「おい、いい加減帰れよ」
        …
男「……いや、窓から出入りされんのは怖ぇーんだよ。もしなんかあったら俺の責任だし」
        …
男「……だったらこの漫画持ってっていいから! とりあえず俺の寝床を空けろ!」
        …
男「……痛っ! てめっ!」
        …
男「……てめえは女じゃねえ! 痛い、痛っ!」
        …
男「……え? いや、大丈夫だよ、ジョーダンだよジョーダン。……そんなマジになんなよ」
        …
男「ちょ、泣かなくても……。悪い、悪かったって。ごめん、謝る。俺が悪かった(ぎゅ)」
        …
男「痛っ! せっかく人が慰めてやってんのに! 大体お前、」


オカン「こら、何時だと思ってんの!早く寝なさい!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:41:20.65 ID:U3Vskq2t0
先生「えーつまり、式fを定積分することで時刻tの水の体積が求まるわけで――」

男「……え? なに?」
エアツンデレ「       」
男「ああ、あれは『積分』だよ。こっちは『体積』――いい加減、めがね買ったら?」
エアツンデレ「          」
男「……嫌いって、お前黒板見えないようじゃ仕方ないだろ。じゃあコンタクトは?」
エアツンデレ「                    」
男「……まあ確かにわからんでもないけどだったらめがねしろ」
エアツンデレ「          」
男「……いや俺が嫌いなのとどう関係があんだよ!?」
エアツンデレ「        」
男「……ああっ!? バカはそっちだろ!?」

先生「まーた男くんっスかwwwwwwwwwwwwwwwww廊下出ろwwwwwwwwwwwwwwwwww」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:41:26.14 ID:qVvK6BD90
だいぶお憑かれのようですね




13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:49:54.75 ID:U3Vskq2t0
男「まったく、今のご時勢にスタンディング廊下ウィズバケツはねえよな……」
エアツンデレ「          」
男「……なんたってミーはとてもナチュラルイタリアンだからな」
エアツンデレ「                             」
男「……いやホントホント。実はさる王国の王子なんだ。今はお忍びで日本にいるけど」
エアツンデレ「                」
男「……あー、それ聞き間違い。グンダラ王国つった」
エアツンデレ「            」
男「……言った」
エアツンデレ「     」
男「……言った」
エアツンデレ「                   」
男「……言ったって言ってんだろ!」
エアツンデレ「          」
男「……ちょ、だからそんなマジになるなって……ごめんだから……な?」
エアツンデレ「                 」
男「……あ、てめ、嘘泣き、てめええええええええええ!!」



オカン「それで、お話というのは?」
校長「実は男くんの奇行、あいや、素行のことなのですが……」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:52:49.45 ID:U3Vskq2t0
男「ハイハイ、君の忠告はよくわかりました」
エアツンデレ「                   」
男「……だぁぁー、うっせー! 何でそんなに俺ばっか構うんだよ!」
エアツンデレ「               」
男「……お前は俺のオカンかっ、つーの!」
エアツンデレ「  」
男「……大体お前は……」



女「……」
「女ちゃんどうしたの?」
女「え? ううん、なんでもないよ」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:54:34.32 ID:ycBmdie00
気分が重くなってきた(´・ω・`)




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:55:36.57 ID:U3Vskq2t0
女「はじめまして、かな?
  え、はじめましてじゃない? ごめん、そうだよね、クラスメートだもんね。
  えっと、あなたのことなんて呼べばいいかわからないから、とりあえずあなたで通すけどいいよね?
  ……えっ、本当? わー、うれしいなあ! 私、ずっとあなたと友達になりたかったんだ!
  えっ、あなたもそうだったの? 本当! すごい!
  私たち、一生友達だよ!」


……。


女「なんだか違うんだよね……」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:56:57.18 ID:ln0SB1n1O
心に響く(´;ω;`)




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 17:58:52.93 ID:U3Vskq2t0
男「ただいまー」
オカン「お帰りー。おやつ冷蔵庫に入ってるわよ」
男「んー。ってなんだ、ツンの奴きてるじゃん。先に出してやれよ」
エアツンデレ「                  」
男「……別にいいっつーの。先だろうが後だろうが食べれれば気にしないって」
エアツンデレ「                       」
男「……わかったわかった、じゃあ二階の俺の部屋で食おうぜ」
エアツンデレ「               」

オカン「……」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:06:45.29 ID:U3Vskq2t0
男「……ふー、やっぱキラっつったらジョジョだよなー。かっけー」
エアツンデレ「                         」
男「……え、それの続きって確か本棚にあったと思うんだけど」
エアツンデレ「                    」
男「……あっれー、おかしいな。……ホントだ。その辺に転がってないか?」
エアツンデレ「                                          」
男「……そうか、やっぱ転がって――ベッドの下だとっ!?」
エアツンデレ「                             」
男「……い、いや、違うんだ。これは男の嗜みって奴で……」
エアツンデレ「                 」
男「……いいだろ! 健全な証拠だよ! 何でそんなに怒られなきゃなんないんだよお前に!」
エアツンデレ「                    」
男「……俺の本だぞ! 何でお前に没収されにゃならん! ……もしかしてお前が読みたいんじゃ」
エアツンデレ「                              」
男「……ああ、俺の秘蔵のエロ本がぁ……」


翌日
オカン「(……これ、ゴミ箱に入ってるけど捨てていいのかしら。あの子のお気に入りの娘だったはずなのに)」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2006/08/28(月) 18:12:04.36 ID:U3Vskq2t0
女「そうだよねー。あなたもやっぱりそう思う?
  うん。だよねー。そうそう、かなこちゃんはいい人すぎるよね、もっと欲だしてもいいと思うんだ。
  あんないい子が幸せになれないっておかしすぎるよ。うん。
  ……あーでも、なー、うーん。そっかー、でもそれもアレだよ、本人がよければね。
  えー、そうかなあ。私は反対だと思うけど。ふーん」


……。


女「やっぱり違う……。あーもう、私には無理なのかな……」
 「             」
女「……そんなハッキリ言わなくてもいいじゃない。ぅー……」


……。


女「今できてた!?」




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:21:20.62 ID:U3Vskq2t0
「女ちゃんってさー、最近アイツばっか見てない?」
女「え?」
「だからさ、アイツだよアイツ」



男「だからそんなくっつくなって」
エアツンデレ「                  」
男「……いや、くっついてるのはどう見てもお前の方だから。そんな風にしてると誤解されるだろうが」
エアツンデレ「             」
男「……なんだと!?」
エアツンデレ「               」
男「……だからツンがくっついてるんだってば!」



「アレ」
女「……」
「女?」
女「……え? 何か言った?」
「……まさか、アレに惚れた、なんて冗談じゃないよね?」
女「ち、違うよ。そんなわけないじゃない」
「だよねー! 女ちゃんがあんなサイコ野郎のこと好きになるはずないもんねー!」
女「あ、あはは……」
「あはははははは」

女「(……ツンちゃんってゆーんだ……)」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:26:54.95 ID:MF7T2f4G0
見てると心が痛くなってくる




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:28:54.42 ID:U3Vskq2t0
女「えっとツンちゃん、でいいんだよね?
  ごめんね、あなたの名前今日はじめて知ったの。
  怒ってる? 怒ってるよね。ごめんね、本当にごめん。
  親友とか調子のいいこと言って名前も知らなかったなんて怒るよね……。
  え? 私は怒ってないって? でも……。
  え? 親友だから名前なんてどうでもいい? ……ありがとう、ツンちゃん。
  私、反省する。忘れないように何度も復唱する。
  ツンちゃん、ツンちゃん、ツンちゃん!
  え? 何度も呼ばれたら恥ずかしいって? ダメだよ、私物忘れ激しいし。
  ツンちゃん、ツンちゃん、ツンちゃん、ツンちゃん、ツンちゃん、……。」



……。



女「ああ~、人形に話しかければ何かつかめるとおもったんだけどなぁ……」
ぶりじっと「                  」
女「……そうだよね、君はツンちゃんじゃなくて『熊の子ぶりじっと』だもんね、ヌイグルミだもんね……」



……。



女「できてたっ!?」




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:29:59.05 ID:LshwHvte0
なんていう俺?




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:37:39.40 ID:U3Vskq2t0
男「ああ、俺の心の伴侶がEROHONがツンに持ってかれて幾星霜……。
  でもアタシ負けない、あなた以外では抜かないって決めたの」
エアツンデレ「                                                」
男「……俺の感覚だともう幾星霜って表してもいいんだよ」
エアツンデレ「                   」
男「……お前、そういうけどな、男っていうのはみんなそういうモンなんだよ」
エアツンデレ「                     」
男「……ホントだって。田辺も伊集院もみぃ~んな毎夜励んでんだよ」

エアツンデレ「                           」

男「 … … そ の 発 想 は な か っ た ! 」



村田「なあ、男の奴、なに叫んでんだ?」
伊集院「しらねーよ」
田辺「なんかオチがついんたんだろ、よくわかんねーけど。ほっとけよ」
伊集院「てーか人の名前勝手に出すのはやめてくれ。俺がどうしたんだ? 俺はどんな奇抜なことをしてるっていうんだっ!」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:42:13.23 ID:TyctQDSw0
そろそろエアセクロスの出番




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:45:34.84 ID:U3Vskq2t0
男「へいへい、じゃあな。明日こそ返せよ、マイソウル伴侶」
エアツンデレ「                         」
男「……ったく」

……。

男「……あー、やっぱりあいつもしてんのかな……。『                』とか言って」

妄想エアツンデレ「                           」
ペラ……。
妄想エアツンデレ「                               」
ペラ、ペラ……。
妄想エアツンデレ「                   」
ぞくぞくっ。
妄想エアツンデレ「                                                       」
がたがた。
妄想エアツンデレ「                                                  
                                                                      
                                                                      」
じゅぽじゅぽ。
妄想エアツンデレ「                           
                                                               
                                                                     」
……。
妄想エアツンデレ「                   」



男「……って、何を考えてるんだ俺は! 相手はツンだぞ? それを……。うーん……」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2006/08/28(月) 18:50:43.02 ID:U3Vskq2t0
エアツンデレ「    」
男「…………ああ、おはよう」
エアツンデレ「                」
男「……なんでもねえよ、顔こっち向けんな」
エアツンデレ「                   」
男「……(お前のせいだよっ! いや、妄想したのは俺だけど……)」
エアツンデレ「                       」
男「……そうだよ、夜更かしだよ。ほら、学校行こうぜ」
エアツンデレ「               」
男「……(だからお前のせいだって!)」






オカン「重症だねえ……」




スポンサーサイト



[ 2010/02/10 18:30 ] VIP創作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿




トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カウンター
ブーン速報記事ランキング
PR